Unityでバーチャルパッドを作る方法

InputSystemを使ってバーチャルパッドを簡単に作る方法です。InputSystemの使い方はこちらを参照してください。

スティックの作成

まずはスティックになるUIを以下のような構造で作成します。

最下層のImageに、Add Component→Input→On-Screen StickでOn-Screen Stickコンポーネントを追加して、「Control Path」に[Gamepad]の「Left Stick」を選択します。「Movement Range」でスティックの稼働範囲を調整できます。

最後に、Imageの「Source Image」に画像を設定すれば完成です。

ボタンの作成

ボタンも同じ要領でボタンになるUIを作成して、Add Component→Input→On-Screen ButtonでOn-Screen Buttonコンポーネントを追加して、「Control Path」に[Gamepad]の「Button East」を選択します。

これでゲームパッドと同じように入力が取得できます。