UnityプロジェクトをGitHubで管理する方法

まずは、GitHubのサイトでアカウントを作成しましょう。ユーザー名、メールアドレス、パスワードを入力するだけで簡単に作成できます。

次にGitをGUIで操作できるGitHub Desktopをインストールし、アプリを起動して Sign in しておきます。

ローカルリポジトリの作成

Gitで管理したいUnityプロジェクトのローカルリポジトリを作成します。メニューの「File」→「Add Local Repository…」を選択して表示されるダイアログで、Gitで管理したいUnityプロジェクトのパスを選択します。すると以下のような「create a repository」がリンクになっている警告が表示されますので「create a repository」をクリックします。

「create a repository」をクリックすると以下のようなダイアログが表示されます。

Git Ignoreに「Unity」を選択して「Create Repository」ボタンをクリックします。これで、ローカルリポジトリが作成されUnityプロジェクトの内容がコミットされた状態になります。

GitHubへプッシュ

最後にGitHubへ、ローカルリポジトリをプッシュします。GitHub Desktop右上にある「Publish repository」をクリックすると以下のようなダイアログが表示されます。

「Keep this code private」にチェックが入っているとプライベートリポジトリとして作成されます。リポジトリを公開したい場合はチェックを外します。「Publish Repository」ボタンをクリックすれば完了です。